人気ブログランキング |

2011年 03月 15日 ( 1 )

自分の心は大地震で被災した人たちと共にありたい (No.1002 11/03/15)

 大地震から5日、そろそろこの忌まわしい災害も終結して欲しいが、今朝のテレビによれば新たな「人間の津波」が起こったようだ。各地のスーパーやコンビニなどに怒濤のように押しかけた人たちが、食べ物や飲み物、懐中電灯などの用品をすごい勢いで買いまくっているらしい。ガソリンも同じで、スタンドにはガソリンを入れようとする車が列をなし、売り切れが続出しているという。
 停電に備えて懐中電灯や予備の電池を買うくらいなら分かるが、オイルショックの時と同じで、トイレットペーパーまで買い占めとなると、ちょっと理解に苦しむ。不安心理に駆られて手に入るうちに買える物は買い占めておこうということだろうか。
 それぞれの家庭にはそれぞれの事情がある。小さな子供や、年寄りを抱えた家族など、買いだめに走る人たちの気持ちも分からないではない。しかし、正直なところ買いだめする人を見ていると、寂しい気持ちになってしまう。
 新たな地震に対する備えなら多少は仕方がないかなという気もする。しかし、日々の買い物以上に買いだめすれば、それは回り回って被災者の手に届きにくくなる。首都圏のような地震の被害が無かったところでは、冷静になれば毎日の買い物量で十分足りるはずだ。目をつりあげた顔をしてまで買いだめに走る必要はないだろう。
 無用な危機感につられてパニックになるより、まずは被災した人たちに今の自分は何をしてあげられるだろうかを第一に考えるべきではないだろうか。こんなとき必要なことは、困っている人を思いやる優しい心だ。彼らの苦境に少しでも手を差し出してやろうと思う気持ちが欲しいのだ。震災で苦しんでいる人たちのことを思えば、被災地に回すべき品物を買い占めるような真似は恥ずかしくてできなくなるはずである。
 今の日本は未曾有の危機に直面している。ここで我々が示すのは、一致団結して被災者のために手を差し出すことではないだろうか。地震の起こる前の日本は、何か成熟仕切った無気力感がみなぎっていた。しかし、今は国民全体が悲しみに満ちて、気持ち的には被災した人たちを支えたい思いが高まっている。この危機をバネにみなが一丸となって立ち上がれば、この後の日本はもっともっと強固な国になっていくと思うのだ。
 残念なことは、皆がそう思っているとき、国民のトップに立つべき政治家が信じられない暴言を吐いたことである。石原東京都知事が今回の地震の被害者に対し、「日本人のアイデンティティは我欲。やはり(これは)天罰だ」と発言した。確かに人間は自分が可愛いという欲望を持っている。しかし、被災された方々に「お前は欲深い人間だから天罰が下ったのだ」という言い方は、ちょっとひどすぎると思う。
 石原東京都知事に欠けているのは、弱い人たちに対する思いやりだ。まさか自分が欲深くないから助かったとでも思っているのだろうか。こんな優しさのない人が政治家であること自体が日本の恥だと思う。
d0151247_2102520.jpg
        *画像は15日夕方のフジテレビからDLしました。
by weltgeist | 2011-03-15 22:23