旧ニッコール ED AF 300㎜F2.8の写り具合 (No.149 08/07/14)

 久しぶりに古い超望遠レンズを使って近所の川でカワセミを撮って唖然とした。もう15年以上前の古いニッコール ED AF 300㎜F2.8というレンズだが、ピントが甘くなっていたのだ。今のカメラは昔と違ってピント合わせに、マニュアルフォーカスなんてしない。軽くシャッターボタンを押せば、オートフォーカスで自動的にカメラとレンズが連動してピントを合わせてくれる。このオートフォーカスの精度は非常に高いからピントがずれるとすぐに分かるのだ。
 300㎜F2.8(カメラマンの間ではこのレンズをサンニッパと呼んでいる)で撮影したデータを見たら、何ともピントが甘い。普通、このレンズを使えばカワセミの羽根の一枚一枚がキッチリと見分けられるくらいに写っていいはずだが、全体にどこにピントが合っているのか分からないほど甘い。下に挙げた2枚の上側がサンニッパで撮ったカワセミである。
 「この程度なら問題無いだろう」と思う人もいるかもしれない。しかし、長年このレンズを使っていた立場からみると、明らかに精度が落ちているとしか思われない。普通のプリントに紙焼きするくらいなら問題ないが、仕事で依頼される印刷原稿用には使えないだろう。
 以前、銀塩フィルムカメラで使っていたときは、良い写りをするレンズだと、自分も気に入っていた物である。しかし、最新のデジタルカメラで使ってみると、「こんなはずではない」という気持ちになってしまう。掲載したサンプル画像では分かりにくいが、色調も何か変である。
 精密機器だから、長く使えば精度が狂ってくるのは仕方がないし、レンズの設計自体も古いから、最新のデジタルカメラに合わないのかもしれない。しかし、このレンズの購入時の値段は45万円ほどと、馬鹿高かった記憶がある。買った時はニコンも「数あるレンズの中でも最高の解像度を誇る」と歌っていたレンズである。だから、古いといってもまだまだ使えないわけはないのだ。
 だが、銀塩で最高と評価されていたレンズでさえ、最新のデジタルカメラに不向きなことが今回のカワセミの撮影で分かった。昔の銀塩フィルムカメラは、撮影したものを大伸ばしでプリントするということはほとんどなかったから、少々レンズの解像度が悪くても分からなかった。ところが最近のデジタルはプリントする前に、パソコンでピクセル等倍(100%サイズ)まで拡大してピントを確認するから、レンズの良し悪しがすぐに分かってしまう。メーカーも誤魔化しが利かないのでより精度の高い製品を作るしかないのだ。とすれば、サンニッパも新しいものに替えなければ駄目かもしれない。ニコンレンズカタログを見たら、最新式サンニッパは税込み価格714,000円と出ていた。
 「ゲッ、さらに26万円も値上がりしているのか。そんなお金あるわけない」と思わず叫んでしまった。第一線を離れたリタイアの身、無理して高価な最新デジタル対応レンズを買ったところで、元が取れるわけではない。当然、新製品は諦めである。
 ちなみに、税込み価格81,900円のAF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)という馬鹿長い名前の新型300㎜ズームレンズも持っている。このレンズ9本でようやく最新サンニッパが買える安物レンズだが、試しにこれで同じカワセミを撮ったのが下の写真である。撮影したのは別な日でカメラの設定条件も違うが、それでもこの安物レンズが、旧サンニッパより少し甘い程度の写りをしているのだ。
 これを見ると、最近の技術の進歩の早さが分かる。そして、いくら昔最高の評価を受けた物でも、現代のデジタル機器の進歩の下では、たちまち陳腐化していくことは仕方がないと思わざるを得ない。デジタル製品はどんな優秀なものでもすぐ新製品に駆逐されていく運命にある。ユーザーはその大きな波動に否応なく飲み込まれてしまうのだ。そして、それについて行けない人間は落ちこぼれるしか道が無いのである。
d0151247_20383290.jpg
NIKKOR ED AF 300mm/F2.8 、ISO1000、SS 1/500秒、F2.8、開放で撮ったカワセミ。トリミングしてあります。カメラはD300、三脚使用。本来なら頭の細かい羽根の一本一本がはっきり写っていなければならないが、ぼやけている。ISO1600まで増感し、F5.6で撮ったらもっとマシになったかもしれないが、残念ながらそこまで考えて撮影しなかったのが悔やまれる。
d0151247_2039487.jpg
最新の普及型ズームレンズ、AF-S VR 70-300mm F4.5-5.6G で同じ場所、同じ鳥を違う日に撮ったもの。ISO1600、SS 1/3200秒、F5.6。手持ち撮影での手ブレを防ぐため、ISOを1600まで増感。上の画像と同じサイズにトリミング。大甘だが値段を考えれば、この程度で妥協するしかいないだろう。これ以上の写りを望むなら新型サンニッパを買うしかない。
[PR]
by weltgeist | 2008-07-14 20:40


<< いよいよ始まるか、危機の時代が... 武士に二言はない (No.14... >>