人気ブログランキング |

日本の上場企業取締役の年俸 (No.924 10/12/20)

 他人の給料をうらやんだり、比較すべきでない。自分は自分だ、というのが小生の信念であるが、以前、日産自動車のカルロス・ゴーン社長の年俸が8億9000万円と聞いたときは、あまりのすごさに「高いなーっ」と思ってしまった。2010年3月の決算から、上場している企業で1億円以上の報酬を受けている場合、有価証券報告書で開示しなければならなくなって明らかになった数字である。
 日本の総理大臣の年間報酬が4000万円前後だから、ゴーン社長は総理より22倍も多い収入を得ていることになる。しかし、もらっている人はいるもので、今回の開示で上場企業で1億円以上の報酬を得た取締役は240人もいたという。ただし、こうした人も上場企業の中では少数派で、平均すると取締役で2500万円前後なのだという。一方で、2008年度の国税庁民間給与調査によれば30歳から34歳までの働き盛りの年収平均は453万円である。
 約9億円から453万円。落差がありすぎると思うが、当のカルロス・ゴーン社長はこれでも高すぎるとは思っていないらしい。というのも、例えばマリナーズのイチロー選手は推定3700万ドル(約32億円、米誌スポーツ・イラストレーテッド2010年版調査)ももらっているからだ。ゴーン社長はイチローに比べれば安いものだと思っているのだろう。しかし、報酬とは自らの働きに対する評価であるという原則に立ち返ってみたとき、彼の働きが9億円に値するかどうかは疑問が残る。
 なぜなら、ゴーン社長がやったことはコストカットで日産の財務状態を良くしただけで、優れた車を作り出して会社のイメージを高めたからではないからだ。多くの従業員の首を切った犠牲の上に成り立ったものである。リストラという美名のもとに職無し身分になった元従業員にこの数字は決して気持ちのいいものではないだろう。
 少し前に米、ハーバード大学のマイケル・サンデル教授が東大で「イチローの年俸は米国大統領の42倍、日本の教師の平均所得の400倍だ。これは正義( Justice ) と思うか? 」と大学生たちに質問していた。これに対して「野球はチームでやるもので、イチローの報酬は大統領に比べて高すぎる」と言う学生に、サンデル教授が「大統領だって大臣たちとチームでやっているよ」と反論。「娯楽である野球よりオバマの仕事の方が重要じゃないか」と学生は食い下がったが、結論らしきものは出なかった。
 小生これを見ていて、イチローがオバマの42倍もの年俸をもらっているのは確かに高すぎるとは思った。しかし、イチローのような有名選手がいるから米国野球界は曲がりなりにも経営が成り立っていることが第一の理由。それとイチローが今の地位を得るだけの恵まれた才能を持ち、その才能を猛烈な努力で保ち続けているという第二の理由で、高額年俸は仕方ないと思っている。我々はイチローがそれなりの才能と努力で勝ち取ったものであるから、彼の年俸を当然と受け止めていられるのである。
d0151247_21544442.jpg 野球選手が輝く期間は短いのだから、そのくらいあげてもいいのではないかと納得している。松阪だって松井だって、今は成績が落ちて、昔ながらの高い年俸をもらうのは怪しくなっているのだ。こうして世代交代が進んでいくのである。しかし、翻ってゴーン社長の9億円はどうだ。オバマの年収550万ドル(約5億円)よりも高いのだ。それが「高すぎる・・」と感じるのは、ゴーン社長がイチロー並の才能もなければ努力したとも世間は思っていないからだ。我々は彼の仕事内容がイチローほど優れたものでないことを見抜いているから不満なのである。
 ゴーン社長だけでない。240人もいる1億円オーバーの報酬をもらっている上場企業の取り締まり役たちにも問いたいのは、「あなた方はイチロー並の努力で会社を発展させてきたと胸を張って言えるか」ということだ。
 今回の開示によって、彼らの仕事ぶりが問われることになった。いままでは取締役会でシャンシャンとお手盛りの決定で適当に自分たちの実入りを決めていた。それが多数の厳しい目で見張られるようになったのはたいへん良いことである。
 しかし、企業のトップがそれなりの報酬を得ることは悪いことではない。下の者は上の人の報酬をみて自分も頑張ろうと奮起するだろう。いくら社長に上り詰めても、安い給料のままでは若い連中のやる気がなくなる。ただし、それも行きすぎてはならない。日本の上場企業取り締まり役の平均年俸が2500万円というのは、少し高すぎる気はするが、まあ妥当な範囲の上限ギリギリではないだろうかと小生は思っている。

この千羽鶴には給料が上がって欲しいと思う労働者の切実な思いが込められている気がする。世の中に格差があることは仕方がないことだが、その差が大きくなりすぎることは避けてほしいものだ。持てる者は持てない者に分け与える精神が欠落した世の中は暗くなるだけである。
by weltgeist | 2010-12-20 22:33


<< 姑息な政治家ばかりでうんざりす... クリスマス直前、第四主日に思う... >>