「ほっ」と。キャンペーン

同床異夢の危うさ(No.5 08/01/28)

 物には多様な面がある。単純な一面だけで構成されているわけではない。例えば、何の変哲もない目の前にあるコップ、これは誰が何と言おうとコップはコップである。しかし、別な人がこれはガラスだと言えば、それはそれで真理となる。見る人が物のどの面を意識するかで全然違った答えが同時に成り立つのだ。
 違った評価が成立する代表的な例が株だ。株を売りたい人は株価が山の頂に達し、これ以上の値上がりが期待できないと思うから売る。一方、買う方はそろそろ谷底で、後は反騰するという期待感があるから購入するのだ。これから値上がりが予想される時には誰も売らないし、値下がりするのが分かって買う人もいないだろう。しかし、残念ながら先のことは誰も分からないのだ。だから、売る人も買う人も自分が信じる未来を期待しながら相対立した取引するのである。株価はこのような同床異夢の人たちの中間接点で決まるのだ。もちろん、最近の株価はデリバティブやテクニカルな面からそんな単純な事柄ではないだろうが、基本的には異なる評価の接点であることに変わりはない。
 物の評価の違いがコップとガラス程度なら平和で何の問題もないだろう。しかし、利害関係がからんでくると、しばしば異なる利害どうしの摩擦を生じる。一方が得をすれば、他方は損をする。得は相手の損の上に成り立っているからだ。こうした異なる利害の対立から喧嘩、さらにひどいときは傷害、殺人事件へ発展することもある。これが国家間の問題なら戦争になる。領土問題などその典型的な例だろう。竹島、尖閣諸島、北方領土、いずれも解決の当てもなく、深い利害の対立を含みながら今も休火山の不気味さを漂わせている。
 このように、物というのは人間から独立した中立(無色)の立場にありながら、常に人間の強烈な「思い込み」を浴びることによって、特別な色を付けられて現われてくるのだ。ニュートラルな物の上に人間のギラギラした欲望が照射されると言ってもいいだろう。人は物を自分という色眼鏡を通してしか見えないのだ。そして、その色は人によって様々なのである。ある色だけを取り上げて、他の色を支持する人を認めない態度をとれば摩擦は強い熱を発して爆発する。そのためには、真理は一つではない、他にもあるかもしれない、と思うゆとりある判断が要求されるのだ。自分の考えだけが絶対ではなく、他にも正しいことがあるかもしれないと考える必要があるだろう。
 先日、南氷洋で日本の調査捕鯨船がアメリカの環境保護団体に攻撃された事件もこの問題の延長線上にある。開発と自然保護の問題もそうだし、途上国と先進国の格差、貧困等々、枚挙にいとまがないほどの問題が、実はこうした物事に照射される人間の情念・色眼鏡の帰結なのだ。
 誰もが自分が良いと信じるものを持っている。それがあるから人は未来に向かって頑張れる。しかし、ある一面だけを狂信的に信じて他を全く認めない人の行く手には限りない軋轢が待ち受けることだろう。なぜなら、それは必ず他の人の利害とぶっつかるからだ。人は思い込みで生きる生物である。自分がこれで良しと信じる道を探りながら、先へ進んで行くしかない。しかし、自分が良しとする思いは、他人と仲良く共存する道を歩んで初めて生かすことができるのだ。
d0151247_23534540.gif
一つのことに思い込む傾向が強かった小生は中学、高校生の頃、蝶の収集に夢中になったことがある。今で言うオタク状態で、寝ても覚めても蝶のことしか頭になく、大きくなったら蝶の研究者になる、と心に決めていた。しかし、いつしか熱も冷め、全然別な道を歩いてしまったのである。蝶に全霊を注ぎ込んだ小生の思い入れは、アルプスの妖精と言われたアポロウスバシロチョウ(上段右から3羽目)を展翅台にセットするとき頂点に達し、感激で手が震えたことを今も覚えている。沢山あった標本もほとんど虫に食われてしまったが、ウスバシロチョウを入れたこの箱だけは特に大切にしたので、小生の若き思い込みの残滓として今も美しい姿をとどめて残っている。
なぜか写真がgifしかアップできないため、色が非常に悪い。美しい蝶たちのためにもここで弁解しておくと、本当はもっと清楚できれいな色をしているのに、それが出ていないのだ。
[PR]
# by weltgeist | 2008-01-28 22:34

ヒラリーの戦い

 サウスカロライナ州の民主党アメリカ大統領予備選挙はオバマが圧勝した。これでヒラリーとは2勝2敗の互角となり、結果は来月のスーパーチューズデーに持ち越された。最後に勝つのはヒラリーかオバマか、興味津々である。とりわけ、今回は初の女性大統領か黒人の大統領のいずれかが出るかもしれないので、その勝敗がとくに気になる。
 日本にいる我々にとって多くの情報源はテレビで放送される候補者のディベートだ。候補者が互いに相手をこきおろす様子は激烈で、日本では見れない面白さがある。だが、今回感じたのはヒラリーの強烈な個性だ。オバマを猛烈な勢いで攻撃する様は異常なほどで、ヒラリーはオバマを無能で嘘つきと罵(ののし)る。まさに鉄の女の戦いぶりには圧倒される。 
 それにしても、ヒラリーの選挙演説をテレビで聴いていると、あそこまで自分は自信があると断言する強さに、ほとほと感心する。自分は最高の能力があり、オバマより優れている、アメリカを良くするのは自分しかないと自信満々に言い張るのだ。奥ゆかしさを美徳とする日本人的感性から見ると、異質な文化の人と思えてしまう。完全無欠な人間などいるわけがない、誰も良い面もあれば悪い面もあるはずだ。どんなに優れた人でも失敗はあるし、間抜けなところもあるだろうに、ヒラリーにはそうした欠点はないのだろうか。
 小生、ここでふとギリシャの哲学者、ソクラテスの「汝自らを知れ」を思い出してしまった。ソクラテスの知とは自分自身を徹底的に知ることである。自分を知れば知るほど自分が無知であることが明らかになるという考えだ。従って賢い人ほど謙虚になるとソクラテスは教えている。テレビで見る限りヒラリーにはこうした「無知の知」という様子は微塵も感じられない。もちろん、オバマも同じような立場だろうから、アメリカの大統領になる人は「自分は無知だ」などと決して言ってはならないのかもしれない。
 女とは思えないヒラリーの大胆さに、まず思ったのは、こんな強い人を奥さんにしたら旦那はたいへんだろうな、という実に世俗的な思いだ。旦那は元大統領のビル・クリントン。彼はヒラリーのこうした強さを好んでいたのだろうか。とくに、モニカ・ルインスキーとの浮気がバレた直後、元大統領はどうやってヒラリーの怒りをやり過ごしたのか、参考のためにも聞かせてもらいたいものだ。
 ヒラリーは大統領として優れた素質を持っているかもしれないが、家庭の妻としてはどうだろうか。実生活においてもあのように凄まじい自己主張をするのだろうか。ソクラテスの話が出たついでに言わせてもらえば、彼の妻、クサンチッペは歴史に残る悪妻だったという。トルストイの妻・ソフィア、モーツアルトの妻・コンスタンツェと並ぶ「世界三大悪妻」の一人である。何故か小生にはソクラテスが「無知の知」を主張した動機が、クサンチッペの言動にあった気がしてならないのだ。妻のものすごい個性が天才を作った。ビルもヒラリーがいたから大統領になれたのかもしれない。
 しかし、賢明なビルが大統領の職務を遂行できたことを考えれば、ヒラリーの自己主張の強烈さは、案外、選挙用のポーズであるかもしれない。あの剣幕でルインスキーとの浮気を責められたら、ビルだってきっと離婚していたろう。
 いずれにしても、今年の11月には全ての結果が明らかになる。ヒラリーはすごい。小生の近くにあんな女性はいて欲しくないが、アメリカを導く大統領なら、このくらい強くないと駄目なのだろう。
d0151247_18312013.gif

ブログの第一回目で墓荒らしの犯人が狸ではないかと書いたら、知り合いのUさんから10日ほど前に家の庭に狸が出たと言って、写真を送っていただいた。
彼の家は埼玉新都心から5分という町中で、こんな野生動物がいるような場所ではない。何十年も住んでいるが、以前イタチを見たことはあるが、狸は初めてでかなり驚いたと言う。いずれにしてもUさん、画像ありがとうございました。ブログに使わせていただきます。この写真を見るとケイちゃんの墓を荒らしたのも同類の狸ではないかという確信がますます強くなってきた。それにしてもこの写真、良く撮れている。さすがは元某有名雑誌編集長ですね。まだまだ、腕は落ちていない。
[PR]
# by weltgeist | 2008-01-27 18:41

安売りチケットの裏事情

 昨日書いた1982年のアメリカ出張時の航空券代金は70数万円だった。もちろんホテルは別料金で航空券以上の金額(確かチケットとホテル代を合計して150万円前後だった)を払った記憶がある。まだ安売りチケットなどない、1ドルが250円時代の海外旅行はしんどいものだったのである。それが、いまや様変わりしている。信じられないほど安いチケットが売られていて、正規運賃で乗ることなどアホ臭くて出来ないのが現状である。
 この激安チケットの理由を某欧州系航空会社に勤める友人のM君が教えてくれた。彼によれば、旅行代理店と航空会社は年間搭乗人員の予定数を決めておいて、その人数に達すれば航空会社からバックマージンが入る。しかし、不幸にして予定契約数にわずかに足りない場合は旅行会社が赤字覚悟で、人数合わせに極端に安いチケットを売り出すのだと言う。そうした契約期間の締め切りが3月だから、この時期に安いチケットが多く出るのだそうだ。
 この裏事情を聞いて、2年前に「パリ・フリータイム5日間ホテル&毎朝食付き49,800円」という超格安ツアーを利用したことがある。このときは更に2日間ホテルを延長して7日間で7万円強という、信じられないような安さで行ってきた。パリのホテルは泊まるだけ。フランス新幹線TGVを利用して、フランスのあちらこちらを歩く個人旅行を格安で楽しめたのも、リタイア暇人だからできたありがたい役得であった。
 そんなうまい話は、例年、年末から新年にかけての新聞広告に出ることもM君が教えてくれた。特に月曜日の夕刊が多いので、手ぐすね引いて今年も待っていたら、激安ツアー、激安チケットの広告が新年早々の月曜日夕刊にドバッと出た。日時さえ選ばなければ、非常に安いものが選り取り見取りである。仕事を持っている時は難しかった日程選びも、暇たっぷりの小生には全然問題ない。目に付いたのはのは2月末出発の「パリ、またはローマ5日間ホテル付き59,800円」という激安ツアーだ。
 「ウーン、安い」そう思ったが、ちょっと引っかかったのはどちらに行くかだ。パリは2年前に行っている。ローマならここを拠点にフィレンツェやアッシジなども回れる。どちらも魅力があり、一瞬逡巡したのがまずかった。ちょっと迷って、電話を入れるのが遅れたら、激安ツアーはパリもローマも全て完売していたのだ。インターネットの画面で、空席がどんどん埋まっていくのは知っていたけれど、想像以上にその速度が早すぎたのである。
 だが、がっかりする小生に、件の旅行会社は「パッケージツアーは売り切れだが、パリ往復49,800円という格安エアーチケットならまだ2席だけ残ってます」と教えてくれた。これなら、パリのホテルに縛られることなくフランスの行く先々で好きなホテルを自分で予約しながら自由な旅が出来る。文句のない料金で、理想的だ、とばかりに、すぐさまこれを購入することにした。ところが問題は最近の原油高に航空会社が導入した「オイルサーチャージ」、いわゆる燃油代というやつだ。2年前には数千円程度だったのが、今回は4万5千円払えという。チケット代とほとんど変わらない別代金を取られることが分かったのだ。
 別代金の中には空港使用料などが含まれているからこれは仕方がないとして、分からないのはオイル高騰代が航空会社によって違うことだ。ちなみに今回小生が購入した東京ーパリ間はJALだと34,600円、エールフランスが27,000円、全日空が26,000円と差があるのは何故だろうか。同じ距離を飛ぶのに機材、燃費などが影響するのかもしれないが、購入者は何か納得のいかないものを感じてしまう。
 新聞の広告で安いパッケージツアーやチケットが売られていても、実際は必ずしも安くないことがある。代金の他に燃油代をプラスして考えねばならないのだ。今回のことでオイルサーチャージを調べたら、航空会社で様々な差があることが分かった。特に注意しなければならないのは、直行便でない会社だ。会社によっては1フライトにつき一回ずつ燃油代を取るところがある。ヨーロッパに行く場合、ロンドンやフランクフルト、モスクワなどで乗り継ぎすると2フライトとなり、燃油代が直行便よりずっと高くなる場合があるのだ。
 明後日、すなわち29日、月曜日の夕刊には最後の激安チケット広告が出るかもしれない。しかし、安い物には裏がある。新聞広告の値段だけで飛びつくと、実は高いものを買わされる可能性もあるから注意しよう。
d0151247_16515522.gif

小生のような釣り好きには、日本のムール貝は黒鯛釣りの格好の餌であって、人間様が食べるものではない。しかし、フランスで食べたこのムール貝は、実においしかった。ベルギーに本店がある有名なムール貝専門のレストラン・レオンがパリなどフランス各地にも出店していて、庶民的な値段で気楽に食べられる。不器用にフォークで食べていたら、隣に座ったおばさんが「ノン、ノン。ムッシュウ、ムール貝はこうして食べるのよ」と言って、殻についている身の取り方を教えてくれた。食べ終えた空のムール貝を右手に持って、ピンセットのようにつまんで身を取り出すのだ。両手は貝の汁でベトベトになったが、豪快で楽しい食事。旅はこうした出合があるから止められない。
[PR]
# by weltgeist | 2008-01-26 17:17

英語を上手に話したい

 現在65歳の小生が英語を初めて習ってから、すでに50年以上経過している。中学から大学までの10年間、まず英語が「読めるようになる」勉強をした。その後一時中断して、42歳から今度は英語が「話せるようになる」英会話の勉強を週一のペースで、ずっと続けている。中学~大学までの10年間と、その後の42~65歳までの23年間の合計、33年も勉強をし続けているのだ。それなのに英語がうまくならないのは何故だろうか。
 小生が大学に入ったのは1961年。いわゆる安保闘争の時代で、あの頃の大学は「反米、反帝国主義」が大流行していた。だから、英語を習うことはアメリカの主張に荷担するような雰囲気が強く、ヨーロッパの重厚な文化と言語を学ぶのが時代的にも好まれていた。女子学生はフランス語、男子はドイツ語が定番で、英会話を学ぶ人は少なかったのだ。
 大学で第二外国語はフランス語を履修したが、大学の授業以外にフランス語の会話学校とドイツ語会話の学校にも通った。フランス語は2年、ドイツ語は3年間通い、とくにドイツ語はその後も細々と勉強していたので、ある程度の会話ができるようになっていた。しかし、不幸にも英語はまったく眼中に無かったのである。それでもあの頃は良かったし、十分社会でも通用したのだ。
 だが、1982年、すでに42歳になっていた小生は、ある日、突然、会社からアメリカ出張を命じられた。それもある人物のインタビューを英語で取ってこいという困った命令を受けたのである。出張までの時間は40日ほどしか残っていない。英語を読むことは出来ても、話すことが出来ない小生はあわてて近くの英会話学校に飛び込み、短い間に即席・集中的に英会話を教えてもらう特別授業をやってもらったのである。
 この短い授業の成果は素晴らしく、アメリカに出かける頃には何とか自分の意見を言える程度にはなっていた。しかし、インタビューは散々で、結局はアメリカ支社の同僚に助けてもらって何とか仕事をやり遂げることが出来たのだった。
 小生はこの出張で自分がアメリカについて何も知らなかったことを嫌というほど思い知らされた。ヨーロッパは確かに伝統的で美しい。ドイツ語の明瞭で不規則が少ない言葉の響きはたいへん魅力的である。しかし、ドイツ語はドイツ国内でしか通じないのだ。世界的な拡がりを持つ英語とは、まるでスケールが違う。古くさい伝統の中にとどまったままのヨーロッパ。アメリカはそんなことは歯牙にも掛けず、力強い世界を構築していたのだ。小生の狭い視野はこの出張でブチ壊され、こじ開けられたのだった。
 アメリカから帰国した小生は更に英会話学校に行き続けた。そして、それから今日まで、ほぼ毎週一回くらいの割合で、たゆまず英会話の勉強をしてきた。これはリタイアした今日も続けている。しかし、スタートが遅すぎた。現在65歳の小生の脳みそは、非常に効率が悪い物になっていて、いくら勉強しても覚えられないのだ。
 今は、近くに住むアメリカ人のBさんに頼んで、週一回ずつ我が家に来ていただき、英会話の個人指導を受けているが、全然うまくなれない。それどころか、我が家で英語を教えてもらうようになって、一緒に勉強を始めた妻がめきめきと上達し、小生を追い抜きそうな勢いにさえなっているのだ。
 今日もBさんが我が家に来て、RとLの発音の違いを教えてくれた。Robber(泥棒)、Rubber(ゴム)、Lover(恋人)の発音の違いをアメリカ人のBさんが、口を開けたり閉めたりして教えてくれるが、小生だと何度やっても同じ「ラバー」となって、違いが出せない。THとVの発音はようやく出来るようになってきたが、まだRとLは区別して発音できないのだ。ところが、隣に座る妻が器用に舌を使ってRとLを使い分け始め、小生、いささか焦りを感じているのである。
 英語がネイティブみたいに話せるようになりたい。そんな気持ちで今も英会話をやっている。しかし、現在の小生にはそれは実現出来そうもない気がしている。若い頃英語を無視したツケが今やってきて、小生を苦しめるているのだ。だが、それも仕方がないかもしれない。今更若い頃には戻れない。ネイティブスピーカーなど夢の夢。イントネーションの変なジャパニーズイングリッシュでも仕方がないだろう。最低限自分の意志を相手に伝え、また相手の言葉を正確に聞き取れれば良いと思い始めているのだ。
 小生、恐らくアルツになって老人ホームに入る直前まで、英会話の勉強は続けるだろう。頭が悪くなって覚えるそばから忘れていく小生には、最早上達など期待できないかもしれない。しかし、42歳で初めて英会話にチャレンジした小生、日本語訛りは直せなくとも、外国で簡単な意思の疎通ができる程度の英語力だけは持ち続けたいと思って勉強を続けているのだ。
d0151247_23172352.gif

ヨーロッパ大好きな小生の特に好きな国がドイツ。写真はマルチン・ルターが宗教改革を始めた歴史的な町・ヴィッテンベルグの市庁舎。ベルリンの南100㎞ほどにある旧東ドイツの静かな町で、ルターが「95ヶ条の提題」を貼り付けて宗教改革のきっかけとなった教会やルター博物館など、興味深い遺跡が沢山残っている。
[PR]
# by weltgeist | 2008-01-25 23:46

謎の墓荒らし

 今日は久しぶりに釣りに行こうと考えていたが、昨日からの雪と、天気予報の悪さに、結局家のこたつに入って、外の寒そうな景色を見ながら「極楽、極楽」をやっている。小生、若い頃は寒さにめっぽう強く、冬でも半ズボンで平気なほどだったのが、この数年、急に寒がりになってしまい、今ではこたつがなければ凍死しかねないほど寒さに弱くなっている。毎日日課にしている散歩も昨日の雪や今日のように北風が強い寒い日だと、即中止。こたつに入って、一日中、何となく無為に過ごす方がずっと快適と思ってしまう。
 小生の部屋のこたつは、仕事机を兼ねていて、こたつの上には大きなデスクトップのパソコンやプリンター、読みかけの本、文房具、老眼鏡、電話などが所狭しと置いてある。わずか1㎡程度のこたつボードに、よくぞここまで物が置けるな、と我ながら関心するほど雑然としている。しかし、学生時代、3畳間のアパートで過ごした小生にはこうした雑然さの方が妙に気持ちが落ち着く。きれいに整頓された場所にいると逆に、お尻のあたりがムズムズして落ち着かなくなるのだ。
 そのこたつをこよなく愛していたのは、小生だけでなく、我が家に19年間住んだ猫のケイだ。ケイというのは通称で、本当の名前はケイオス(カオス=混沌)。彼は19年前に我が家の玄関の前に捨てられて大きな声で泣いていた。妻が泣き声にドアを開けたらそのすきに素早く家に入り込み、もうテコでも動かないで家に居座ってしまった。小生が「猫は駄目だ」と言うと、それを聞いていたのか、奴はすぐさま小生の膝の上に飛び乗り、営業用の愛嬌を振りまきながら、「お願いです。あなたの飼い猫にしてください」と媚を売ってくるではないか。その必死の嘆願活動に負けて、我が家の一員となったフィールドキャットなのだ。
 我々は彼がいつ、何処で生まれたのか、どんな血筋、どんなご両親であったかを全く知らない。というか、我が家に来る以前のことは謎と混沌に包まれていたので、ケイオス=混沌と名付けたのである。これが冬になると主人である小生より先にこたつを占拠し、食事の時以外はほとんど出てこないのだ。
 あれから19年、すっかり我が家で一番大事にされるお殿様の立場になったケイが昨年の11月に老衰で死んだ。死骸は我が家の猫の額ほどの庭に墓を造り埋めたのだが、その墓が今朝、何者かに掘り起されているのを見つけた。小生が深さ40㎝ほどの穴を掘り、ケイの遺骸に花などを置き、その上にしっかりと土を被せた場所が、掘り起こされ、まだ残っていたケイの毛があたりに散乱していたのを見つけたのである。
 一体、誰が死んだ動物の墓を掘り起こしたのだろうか。まさか野良犬が庭に入ってやったとも思えない。小生の家の前はトトロの森に続く雑木林で、少し前に狸が走り去るのを見たことがある。半年前には百mほど離れた家の庭木にハクビシンらしき動物が登っているのが目撃されたというから、犯人はこんな連中かもしれない。いずれにしても、どうも夜になると我が家の庭には得体の知れない動物が徘徊しているようだ。
d0151247_15304722.gif

仕事で留守がちだったときは妻に愛情をもっていかれ、少々ひがみ気味だったが、リタイアで家にいるようになったら小生にも敬意を向けてくれるようになったケイ。冬だけでなく、こたつ布団を掛けてない時も小生の部屋にきて、膝の上にちょこんと乗ってくれたのがとてもうれしかった。猫の平均的な寿命は13~15年というから、19年も生きたのは神様からの良き贈りものと考えている。ま、ケイは我が家に拾われて人生、いや猫生を全うできた幸せな猫だったのではないだろうか。そう思って自らを慰めている。
[PR]
# by weltgeist | 2008-01-24 15:59