「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

小市民的幸福感 (No.2100 16/02/25)

 寒い季節のおり、幸せって何だろうかと考えてみた。とりあえずは毎朝暖かい布団の温もりのなかにいつまでも潜り込んでいても誰からも文句を言われない。これって最高に幸せなことではないかと思った。仕事をしていた現役時代と違って、目覚まし時計で無理矢理起こされることもない。自然に目覚めて、それから30分ほど布団のなかでじっとしている。外は寒いだろうなぁ、このままずっと布団にくるまっていたいと思う30分こそわが至福の時である。布団が素晴らしい桃源郷を提供してくれる。これ以上何の幸せを望もうか。
 かなり小市民的な幸福感だが、私にはこれで十分幸せと思えるのだ。そして世の中良くしたもので、同じような思いをしたものがいる。私が寝床につく時間になると猫のイライがやってきて布団のなかに潜り込む。彼も暖かい布団で「幸せ」を感じつつ朝までぐっすりと寝ている。そんな愛猫と一緒に布団にくるまって朝を迎えられることが私の至福感を増幅させるのだ。
 だが、いつまでも布団にくるまったままでいるわけにはいかない。万年床状態で一日中寝ていることもできるが、それではなまけ者になってしまう。前回セネカの言葉で紹介したように、怠惰な人生は生きる意味をも虚しくさせる。適度にセーブしつつ30分もしたら覚悟して布団から飛び起きて、一日をスタートさせるしかないのだ。
 嫌だなと思っても、まじめに仕事をしている人たちは、とっくに起きて働いている。仕事もせずに朝の惰眠をむさぼる贅沢さをありがたいと思いつつも嫌々ながら起きるしかない。そうなると、ささやかな幸せはたちどころに消え去って現実に引き戻される。こうやって人は生きていくのだろうか・・・。
d0151247_23192378.jpg
昨日の朝、とくに寒いと思っていたら、雪が積もっていた。夜のうちに降ったのだろうが、これも布団にくるまっていたから朝まで気がつかないでいられた。すぐに消えていくような雪だったが、こんな寒い日でもぬくぬくとしていられる自分にささやかな幸せを感じたのである。
[PR]
by Weltgeist | 2016-02-26 23:55

冬の裏磐梯の温泉・裏磐梯レイクリゾートに行ってきました (No.2099 16/02/19)

d0151247_2364957.jpg
 今年は暖冬だという予報が外れて猛烈に寒くなってきた。こんな時は温泉につかるのが一番である。暖かい温泉でゆったりすればどんなに気持ちがいいだろうか、と思っていたら、東京駅からバスで行ける温泉の旅があると妻が見つけてきた。旧星野リゾートから5ヶ月前に運営会社が変わった温泉ホテル・裏磐梯レイクリゾートと言うのだそうで、ここに友人のK氏夫妻を誘って久しぶりのバス旅行をしてきた。
 最近はバス旅行がはやりだが、事故も多い。先日も軽井沢でバスの大事故があり沢山の若者が亡くなっている。他人に運転を託すバスの旅は多少心配もあったが、雪道を自分の車で運転していくとスリップする危険の方がずっと高い。運転に自信のない私にはバスの方がはるかに安心だし、楽である。まぁ、大手のバスなら事故に遭うのもまれだろうと自分に言い聞かせ、八重洲口のバスターミナルに行くとご覧のようなホテル専用のバスが待っていた。
d0151247_237737.jpg
 東京駅八重洲口を午前9時に出発し、東北道を北進していくが、郡山を過ぎて猪苗代まで来てもほとんど雪がない。今年は先月まで暖かかったから、雪もないのかもしれない。だが、厳冬の雪景色をカメラに納めたいと思っていた私は「雪のない冬枯れの裏磐梯じゃぁ絵にならないなぁ」と少しがっかりしていた。ところが、猪苗代から山に登り始めるといきなり雪が現れ、目的地の裏磐梯レイクリゾートに着く頃には一面が銀世界に変わっていたのである。到着は午後1時、東京から4時間で着いたから意外に近い。
d0151247_2372171.jpg
 ここが本日のお宿、裏磐梯レイクリゾート。旧猫魔ホテルを星野リゾートが経営を引き継ぎ、5ヶ月前から裏磐梯レイクリゾートという名前に変わったのだという。
d0151247_237388.jpg
 星野リゾートのリニューアルで生まれ変わった新生ホテルだから、きっと評判通りの良いホテルだろうと期待していたら、部屋は檜原湖に面していてたいへん広くて快適だった。ホテル従業員の接客態度も申し分なく、気持ちが良かった。
d0151247_2375331.jpg
 窓の外はこんな感じで、凍った檜原湖が見えていた。この裏山の方に猫魔スキー場があるそうで、スキーのお客さんも結構来ているようだ。
d0151247_2385723.jpg
 早速温泉に入ると、大浴場は50人くらいは平気で入れる大きさである。ここで十分暖まったところで外の露天風呂に行くが、ブリザードのような強い風が吹いてきて、裸の身に冷たい雪が襲ってくる。猛烈に寒いのですぐさま露天風呂に飛び込んだ。外気温はおそらくマイナス5℃くらい。お風呂の中は40℃くらいで檜原湖の雪原を見ながらの気分はなかなかよろしかった。
d0151247_2391039.jpg
 夕食はバイキング。なんでも裏磐梯レイクリゾートは料理の味が自慢なのだそうだが、ノングルメの私にその神髄は分からなかった。とにかく私は何を食べてもおいしいいと思う「幸せな人間」なのだ。しかし、バイキングだと意地汚い私の性格が赤裸々に出てしまう。いつものような悪い癖で、あれもこれもと食べ過ぎてお腹がパンパンに膨らみ、そのあと苦しくてたいへんだった。
d0151247_2392512.jpg
 温泉で暖まった夜を過ごし、翌朝起きたら、すっかり晴れ渡っていた。「宝の山」と歌われた会津の名峰・磐梯山が湖面の向こう側にきれいに見えている。二つある峰のどちらが主峰なのか分からないが、手前側に黒く見えているところが火口のようで、100年ほど前には噴火があったらしい。
d0151247_2394282.jpg
 檜原湖は凍っていて、平らな雪原になっている。その向こう側に見えている白い雪山は昨年紅葉で回った吾妻山だろうか。あの時は紅葉も五色沼も素晴らしかったが、雪の裏磐梯も捨てがたい魅力がある。
d0151247_2310494.jpg
 湖面にはこのようなテントが点点と見える。ワカサギの穴釣りをしている人たちのテントだ。
d0151247_23110100.jpg
 中をのぞかせてもらうと、50㎝くらいの厚さの氷に穴を開けて盛んにワカサギを釣っていた。今のワカサギ釣りはハイテクの塊のような釣り方で、小さな魚体に似合わず、装備がすごい。まずポイントまでの移動はスノーモービル。おおよそのポイントをGPSで決めたら、電動ドリルで氷に穴を開け、魚探で水深と魚影を探る。ポイントは非常に微妙でわずか数m違っても釣果に影響するので、いくつか開けた穴の中で一番良さそうな場所の上にテントを張って釣り始める。竿も超小型の電動リールが付いた極軟の穂先のものを使っていた。
d0151247_23111322.jpg
 この人はほぼ毎週のように檜原湖に通っているのだそうで、見ていると2本の竿を交互に操りながら面白いほどの入れ食い状態で釣りまくっている。右手下の水槽の他、奥の網にも獲物が入っていて、足下にある赤いカウンターに釣れた数をカウントしていた。我々が見に行ったときの時間は午前10時半頃だったが、すでに200尾も釣っていると言っていた。これほど釣れるなら私たちもトライすればよかったけれど、残念ながら昨日着いたときの寒さにビビッてしまったのは失敗である。もしこのブログを読んで冬の裏磐梯に行きたいと思った人がいたらぜひワカサギの「束釣り」にチャレンジしていただきたい。ちなみに「束」とは大釣りの単位で100尾のこと。3束も釣れば300尾の大漁であるが、檜原湖ではそんな釣りが可能である。
[PR]
by Weltgeist | 2016-02-19 23:56

セネカは人生は短くないよ、と言っているぞ (No.2098 16/02/08)

われわれは短い時間をもっているのではなく、実はその多くを浪費しているのである。人生は十分に長く、その全体が有効に費やされるならば、最も偉大なことをも完成できるほど豊富に与えられている。
セネカ、「人生の短さについて」 岩波文庫、大西 英文訳より


 私もそろそろ自分の人生を総括しなければならない年齢に達した。平均寿命からいえばいつお迎えがきてもおかしくない年齢だが、このまま人生を終わりたくはない。もう少し長く生きたいのに、時間はものすごい速さで進んで無理矢理終末へと追い込んでいく気がする。人生ってすごく短いように感じるのだ。
 今、私の人生がどれほど有意義だったかと問われれば、応えに窮する。どうも漫然と人生を送ってきてしまった後悔の念が日ごとに強くなっている。だからこのまま終わりたくはないのだ。往生際が悪いと言われようと、もっともっと長く生きて人生を修正したいのである。
 ところが古代ローマ、ストア派の哲学者・セネカは人生を短く感じるのは、お前自身が貴重な時間を浪費してきたからだと言う。もし本気で問題に取り組めば、すごいことができたのに、それをやらないで無駄な時間を浪費してきた。そしてツケを精算する段階にになって、「人生は短い」などと言うのはとんでもないというのである。
 人生を有意義にするのも、空疎にするのもすべてお前の責任だ。それを「人生は短い」などと無責任な言葉で言うな。それより全力で努力すれば、きっと有意義な人生となっただろうにと言うのである。実に痛いところを突いた言葉である。もはや甘えは許されない。真剣に、一生懸命に、ひたすら己が全力を出して立ち向かえという警告であろう。
 本当におっしゃる通りだ。でももう私にこの言葉は遅いのだ。人生は後戻りできない時間の中にあるから若い頃には戻れない。こんなことならもっとまじめに生きてくれば良かったと思っても後の祭りなのである。
 だが、あの偉大なモナリザを描いたダヴィンチは、別な言葉で人生について次のように言っている。
 「あたかもよくすごした一日が安らかな眠りを与えるように、よく用いられた一生は安らかな死を与える」
岩波文庫・レオナルド・ダ・ヴィンチの手記、上巻、p.73

 つまりは一生懸命生きれば幸福な思いで人生を終えることができる、ということである。セネカやダヴィンチのような偉大な先人たちが同じようなことを言っているのだから、十分傾聴すべきだろう。私はもう遅いけれど、若い人は頑張って後悔しない人生を送っていただきたいものだ。
d0151247_22582363.jpg

[PR]
by Weltgeist | 2016-02-08 23:59

ワーファリン服用者の白内障手術、その2 (No.2097 16/02/01)

 昨日の白内障手術は本当に怖かったけれど、初日はとにかく切り抜けた。そして翌1月21日朝一番に眼帯を外してもらう。はたして目はどのようになっているのか。ガーゼを外したT先生は手術した目を見て「申し分ない。バッチリだ」と言ってくれた。どうやら無事成功したようだ。まずは薄目を開けると、これまで悩んでいた目のぼやけがなくすっきり見える。
 だが私の場合はこれで終わりではない。ワーファリンによる出血が心配である。恐る恐る鏡を見ると、真っ赤に充血したウサギの目になっているではないか。それでもT先生はしばらくすれば出血も止まり、普通の白目に戻るという。
 そして翌日、右目の視力検査をした。手術前は0.7で、次の運転免許更新時に眼鏡使用になるヤバイ状態であったが、右目を計ると1.2にレベルアップしているという。なんと0.7まで悪化していた目が1.2と良くなっているのだ。そして驚いたのは、今まで老眼鏡をかけなければ見えなかった新聞が眼鏡無しで読めるようになっていたことだ。白内障で老眼は治らないと聞いていたが、実際新聞が読めるのだからこれはすごいことである。
 私の場合右目は大成功だったと言える。手術は怖いけど、こうなると左も頑張るしかないだろう。翌週の1月27日、残っていた左目の手術を受けた。前の週に右目をやっているから慣れているだろうに、やはり目をメスで切られるところで猛烈な恐怖があった。体が硬直し、思わず「神様助けてください」と小さな声で叫んでしまうほど意気地のなさである。
 それでも30分ほどで終了。前回と同じようにガーゼの眼帯を付けられて、翌朝外す。そしてその翌日視力測定したら、左目も1.2に改善されているという。ただし、左目の出血は前回以上で、ほとんど真っ赤状態である。でも最初の右目はかなり出血が収まってきているから、左目も次第に戻ってくることだろう。
 かくして私の白内障手術は、両目成功ということで終わった。しかし、それにしても私がここまで怖がったのはなぜだろうか。後で友人の眼科医・Uさんに聞いたら、白内障の手術は簡単なのに、なぜかヒゲを生やした男は怖がると言っていた。私はUさんの意見に異論はない。自分は結構度胸はある方だと思っていたが、今回どうしようもない臆病者であることが分かったのである。それもヒゲを生やしているからだろうか。
 終わって見れば手術は確かに簡単ではあった。目を切るのに痛みはほとんど無かった。しかし、簡単でも、痛くなくても恐怖心は起こる。目をメスで切ることを想像していただきたい。思い出しただけでも怖くなる。これは現実の恐怖ではない。想像力がもたらす精神的な恐怖なのだ。
 私は今回の手術で人間の大きな精神的障害である恐怖心の原因を見る思いがした。恐怖とは想像力、お前の頭が造り出した物であるということである。異常なまでの恐怖心を持ったということは、私の想像力が豊かだったということなのかもしれない。負け惜しみだが、「私は鈍感な人よりずっとセンシティブな想像力を持っている」と自らに言い聞かせることで、恐かったこの二週間を総括しようと思っている。
d0151247_2292962.jpg
Lucas Cranach der Ältere / Porträt Johann der Beständige von Sachsen (detail) / C.1526 / Kunstsammlungen, Weimar. ルーカス・クラナッハ 父 画、ザクセン選帝侯・ヨハン不変公の肖像(部分)、ワイマール国立絵画館蔵。前回のビーナスと同じく、クラナッハの描く人物は、どれも目に独特の力強さがある。ヨハン不変公の目は白内障とは無縁なようだが、彼は立派なヒゲを生やしている。Uさんが言うようにヒゲを生やした男は白内障の手術を怖がる傾向があるというから、こんな強そうな顔をしていても、もし彼が手術を受けたらきっと顔に似合わず怖がったことだろう。
[PR]
by Weltgeist | 2016-02-01 23:56