「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

素晴らしい風景写真 (No.2078 15/08/22)

d0151247_2331529.jpg

 本日のワシントンポスト紙、電子版を見ていたら、Travel Photo Contest 2015 winners というタイトルで、旅で撮った写真コンテストの優勝者の作品が載っていた。
 2015年の優勝者はデラウエア州ルイスのディック・スナイダーさんがオレゴン州キャノンビーチという所で撮った日本画の墨絵のような素晴らしい風景写真(上)である。オレゴン州キャノンビーチという場所がどこにあるのか知らないが、オレゴンだから太平洋の海岸だろう。太平洋で発生した霧が、オレゴンの山肌に入り込み、逆光になった黒い山と白の見事なコントラストで表現されている。
 この写真はどのようにして撮られたのだろうか。スナイダーさんはデラウエア州ルイス、すなわち米大陸東海岸に住んでいるようだから、西海岸のオレゴン州キャノンビーチを熟知していたわけではないだろう。たまたまキャノンビーチに旅行してきたら、絶好のシャッターチャンスに恵まれた。その与えられたチャンスを彼は自分の能力で最高の状態まで仕上げたのである。
 優れた風景写真を狙っている人の多くは、自分が撮りたいイメージを頭の中に描いていて、撮影ポイントや適切な時間、光線状態など調べて、最高と思える瞬間にシャッターを切っている。しかし、実際にはどんなに緻密な計画をたてて行っても自然は自分の思うようにはならない。浅はかな人間の考えなど及ばない深さで自然は刻々と姿を変えてくる。撮影者はその微妙な瞬間を自分のイメージと結びつけて撮っていくしかない。ここにカメラマンとしての能力の差が出るのである。
 写真はいい瞬間に出会って良い(つまり高い高級な)カメラでシャッターを押せば、誰にでも同じように撮れるというのはまったく間違いである。ただ写っているだけのものなら誰でも撮れるが、人に感銘を与えるような写真は、カメラマンのセンスというか、イメージを持っていないと撮れない。ともすれば最近の人はプロが使うような高解像度のカメラを持てばすぐに傑作が撮れると思いがちだが、それは幻想である。
 スナイダーさんが撮影したところにはおそらく別なカメラマンもいたことだろう。しかし、この作品をものにしたのはスナイダーさんである。彼は出現してきた自然を自分のイメージにまで昇華する力があったからこのような作品を仕上げることができたのである。
 私も常々このような写真を撮りたいと思っているが、現実的にはうまく撮れたためしがない。今日の良い写真を見て、自分ももう少し頑張ってマシな写真を撮りたいと思った。カメラの性能やシャッターチャンスに頼るのではなく、自分のセンス、スキルを磨こうという思いを強くしたのである。
[PR]
by Weltgeist | 2015-08-22 23:59

隠されている必然性 (No.2077 15/08/13)

 スピノザはすべての事物は必然性によって存在しているとエチカ(第一部定理29)の中で言っている。そうすると私がこれから出会うすべてのこともすでに必然性から決まっていたことになる。明日車で出かけて交通事故にあったり、数日後に脳梗塞で半身不随になったり、宝くじを買ったら7億円が当たった、なんてことが必然性としてずっと以前、すなわち私が生まれる前から決まっていたことになる。偶然そうに見えても全部必然だというのである。
 私は運命というものを信じる決定論者の一人ではあるが、スピノザのこの考え方は少しやり過ぎではないかと思う。なぜならもしそうなら、善悪を決める判断基準がなくなってしまうからだ。すべての物事はすでに決められた路線を歩んできた結果とすれば、悪いことをしても罪を問われることは理不尽となる。世の中には悪もなければ善もなくなる。悪党は「俺が悪いんじゃない。悪の原因を作ったご先祖様が悪い」という言い訳が堂々とまかり通ることになるだろう。
 神が天地創造したとき、神の創造物はすべて良いとした創世記の言葉をスピノザは思い浮かべているのだ。だが、もしすべて「良い」ものとしたら、「悪」がなぜ存在するのか。神が造り出したものはすべて良い、善であるという神の善性説とは矛盾することになる。神は悪を造り出せないのだから、能力的に神は全能ではなくなる。神は善だけに縛られた不完全な存在ではないかと無神論者は反論するのである。
 よってこの世に起こるすべては善であるという創世記の主張は間違いと無神論者は言う。神は自由で全能な存在ではなくなるからだ。だが、神は善だけでなく悪をも創造している。たとえばエデンの園でアダムたちを誘惑した蛇だ。創世記で蛇は永遠に地を這う呪われたものとしてやはり神から創造されたと書かれている。すべてが良いならなぜ蛇のような「悪」を創造したのか。
 翻って考えられることは、それでは「悪とは何か」ということだ。神が悪をも創造したとなれば、悪には我々が理解しがたい何らかの意味が隠されているのかもしれない。この世のすべてを解き明かすことができない我々が、現れ出てきたものを簡単に「これは悪だ」と判断することは拙速すぎて危険である。
 何かを掘り起こせば起こすほど新たな知見が出てくる。知は無限の深さがある。むしろ、その中には人知が及ばないような新たな可能性が秘められているかもしれない。それゆえに我々がなすべきことは、常に「善とは何か、これは悪なのか」と問い直し、その裏に隠された意味を探ることである。単純にこれは善、あれは悪と判断すべきでない。あくまでも事物の裏側にある我々には気づかない原因にまで思いを馳せるべきだ。
 どんなに悪い結果に出会ったとしても、その裏にはもっと別な意味があると読み取る事もできる。ともすれば生じてきた悪い結果に消沈しがちな人間にとって、そうした「悪」が深いところでは逆に人間を高める契機になっているかもしれないのだ。それは神が与えた試練と受け止めることができる。そうなら、どんな悪いことでも最後は乗り越えて良きものに至れるはずだ。それこそ神からの隠された意味を持つギフトではないか。果てしなく深く辛い世界の謎の意味を読み取れば苦悩は喜びに変わると私は信じている。
d0151247_14562144.jpg
高い高山の荒れ地に咲く高山植物の女王・コマクサ。草木も育ちにくい過酷な地に可憐な花を咲かせているのを見ると、自然界の不思議なまでの力を感じてしまう。
[PR]
by Weltgeist | 2015-08-13 18:34

マンゴーの味 (No.2076 15/08/08)

d0151247_2057448.jpg
 昨日8月7日は語呂合わせで「バナナの日」だったそうである。昔、バナナはたたき売り専門の商品で、昭和40年代まで縁日の安売りで広く売られていた。しかし、それ以前には貴重品で、戦後まもなくバナナが初めて日本に輸入されたとき、父親が私のために買ってくれた。そのとき私が初めてみた外国の果物、バナナの味は忘れられないほどおいしかった。
 その後バナナはすっかり安物になりはてたが、同じ熱帯の果物でもマンゴーの地位は際だっている。宮崎や沖縄産のマンゴーは何と一個1万円もする超高級果物となっているからだ。そもそもマンゴーはインドからインドシナ半島にかけての熱帯果樹で、温帯の日本では露地栽培はむずかしい。それが栽培技術の進歩で、ビニールハウスで育てた国産マンゴーが高付加価値を付けたブランド果実として売られているらしい。
 らしい、と言ったのは私は一個1万円もする国産マンゴーなど食べたことはないからだ。ときどきテレビの旅番組でこうしたマンゴーを試食して「うまーい! 」とわめいているタレントを見て、悔しい思いをするだけである。先行き短い私は死ぬまでそんな高いマンゴーは食べられないで寂しく一生を終わるのではないかと思っている。
 しかし、本来のマンゴーはそんなに高い物ではない。以前オーストラリアで10m以上ありそうな巨木に数百個のマンゴーがたわわになっているのに誰も興味を示さないことを見て「何で? 」と思ったことがある。マレーシアでもそうだったが、こちらでは沢山とれるから安い食べ物なのだ。
 そんな安物を一個1万円にまでつり上げる日本農家の技術力、努力はたいしたものだ。TPPでこれからの日本の農業は厳しい国際競争力にさらされるだろうが、ここまで商品に付加価値を付けられるのだから日本農業はまだ大丈夫な気がする。
 しかし、南方系の安いノーブランド・マンゴーでも味は悪くない。今回は会員制倉庫型卸売小売チェーン・コストコでメキシコ産マンゴー、9個入り(二つはすでに食べてしまって写真では7個しかないが・・)一箱が1300円ちょっとで売られていたので、箱ごと買ってみた。一個に換算すれば百円強とまさにバナナ並の安さである。それでも食べて見たら、マンゴー独特のどろっとした甘さの果肉が抜群においしかった。国産ブランドマンゴーとは9000円以上の差があっても私にはこれで十分満足できている。
 そんなマンゴーだが一つだけ困ったことがある。我が家の同居人(つまり奥さん)はマンゴー大好き人間なのだが、彼女はアレルギー体質で、かぶれやすい。マンゴーは実はウルシ科の果物で、体にマンゴーの果汁がかかったりするとすぐに顔に発疹ができてかぶれてしまう。マンゴーは触ってはいけない物なのである。それなのに彼女は大好きで食べたいのだ。それで私が、果汁が口のまわりに触らないサイズまでナイフで細かくカットして食べさせている。
 ふだん私のだらしなさを厳しく叱る彼女もこのときだけはおとなしくなって、マンゴーをカットするところを遠目で見ている。そうして、長いフォークで一口サイズに切ったマンゴーを慎重に口に運んで食べている。だが、9個もあると、事故の可能性もある。以前同じようにして食べたとき、どこかでマンゴーに触れたらしく、「かぶれそう」とSOSを出したことがあるのだ。
 ひとたびかぶれが発症すればたいへんなことになる。しかし、それでも彼女はマンゴーが食べたいようだ。ノングルメの私には少しおいしい程度の果物にすぎないが、彼女にとってはかぶれる恐怖を打ち消すだけの魅力があるのだろう。いつも彼女に頭の上がらない私だが、残り7個のマンゴーの処理が終わるまでのアドバンテージは私の方にある。何しろ彼女は大好きなマンゴーを手で触ることさえできないのだから。
 
[PR]
by Weltgeist | 2015-08-08 22:18