<   2015年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

魑魅魍魎の車両保険を使って車を買い換えた (No.2058 15/03/26)

 先月の末、自動車の車両保険が切れるわずか三日前に我が家の同居人が追突事故を起こし、それからてんてこ舞いの忙しさになった。ぶっつけた相手の車は保険屋さんに任せるとして、すでに10年乗って10万㎞を越えた我が家のフィットをどうするかで大いに悩んだのである。
 格安と評判な車修理屋さんに持って行って見せたら、たいした破損でもないのに修理代が30万円くらいになりそうだという。もし修理するなら免責の10万円をのぞいた20万円が車両保険で出ると教えてくれた。10万円の出費は痛いが、直して以前の車を使い続けることはできるのだ。しかし、この際だからもう少し程度の良い車に買い換える道もある。ただし、新車はきつい。しがない年金暮らしとなると百万を超える金などおいそれとは出せないのだ。
 ここは修理してボロになった旧フィットを乗り続けるか、それとも安い中古に買い換えるか。いくつかの車屋さんを見ながら2週間ほどウジウジと迷っていた。ところがそのとき知り合ったホンダのセールスが画期的な提案をしてきたのである。「事故を起こしたフィットの修理代が30万では完全に満足いく修理はできませんよ。うちに見積もらせてください。多分全損相当を越える金額になるはずです。ですからその金額を下取り代金にして新車にしたらどうですか」というのだ。
 ホンダの修理見積もりは45万円であった。保険で車両価値は35万円と設定してあったから、これは全損をも越える金額である。この金額を保険会社に言うと全損にするなら、何と免責代の10万円も取らない。車両価格代35万円を全額出すうえに、さらに全損特約金3万5千円プラスするという思ってもいなかったことを言い出したのである。10万円の免責がとられないですむ理由はよく分からない。しかし、全損で車を廃棄するなら免責無しに35万円プラス3万5千円、さらには残った自賠責保険代金も返してくれるから、全部で40万円もらえるというのだ。
 これは「禍を転じて福となす」ということかもしれない。すでに蓄えの軍資金が枯渇しつつある我が家で、180万円以上する新車を買うことは厳しいけれど、普通ならほとんどゼロの価値しかないボロが40万円に化けるのだ。こんな裏技を教えてくれたホンダのセールスには感謝するしかない。彼に敬意を表して新車を買い換えることにしたのである。
 事故は不幸な出来事ではあったが、思いもしない好条件も与えられた。これは神が新しい車にしろと命じる天の声と解釈したのである。この決断で将来の生活が苦しくなるかもしれない。しかし、心の中には「何とかなるだろう。困ったときはきっとまた神様が助けてくれる」という楽天主義が顔をのぞかせてもいるのである。
d0151247_22241377.jpg
納車されたばかりでまだ20㎞くらいしか走っていないピカピカの新車だが、きれいなのはいまのうちだけ。車を全然掃除したことのない私にかかるとすぐに薄汚れた車になることだろう。しかし、最近の車はすごいハイテクの塊みたいで、キーもナビも、そして燃費の良さも前のフィットとは大違いなことに少し驚いている。 
[PR]
by Weltgeist | 2015-03-26 23:58

久しぶりの渓流釣り (No.2057 15/03/16)

 昨年末、化膿性脊柱炎というひどい病気で二ヶ月間入院。その後自宅でリハビリに励んでいるが、退院当初は歩行を補助する杖もコルセットも外せない要介護状態であった。しかし、最近は軽い散歩程度だと杖、コルセット無しで少し歩けるようになってきた。だがそれでも好きな釣りやチョウチョ採りに行けるまで快復したわけではない。
 少しずつ良くなってはいるのは間違いないが、もっと早く快復して野山を自由に駆けまわれる体に戻りたい。しかし、今の自分が補助具無しでどのくらい動けるのかは分からないのだ。そんな私は、15日に山梨県桂川の渓流釣り解禁に行って自分の体の具合を試してみたのである。桂川なら歩く距離も少なく、竿を杖代わりにし、コルセットは付けないで釣りができるのではないか。やってみて駄目なら仲間の釣りを見ているだけでもいい、そんな淡い期待を持っていたのだ。
 富士山から流れ出る桂川は毎年3月15日が解禁日と決まっていて、型の良いヤマメが沢山釣れる。ここは私のお気に入りで毎年解禁日だけは外さないで出かけることにしていた。ところが昨年はたまたま解禁日がモスクワ行きと重なり、行くことができなかった。そして今年は病気である。
 今年も駄目かと半ば諦めていたのである。だが、それを知った優しき友人たちがヘルプを申し出てくれたのだ。以前から桂川解禁に一緒に行っていた0君と、K君がまだ病人の私をサポートしてくれるから行こうよ、と誘ってくれたのだ。持つべきは友である。
d0151247_21411532.jpg
 西桂町公園前ポイントで雪をかぶった富士山をバックに竿を出しているのが学生時代から40年以上のつきあいをしてきた釣友のK君。私はモスクワに行っていて昨年の解禁日は知らないが、彼の話だと記録的な大雪でたいへんだったらしい。それでも魚は結構釣れたという。今年は雪もなく、比較的暖かい(それでも明け方はマイナス1℃と結構冷え込んだ)が釣れ具合はどうだろうか。
 この場所は例年だと朝一番に放流したニジマスが入れ食いになる良いポイントである。我々がここに着いとき、朝早くから頑張っていた人がニジマスを1尾釣ったのを見て、例年と同じ入れ食いが始まると期待していた。ところが、その後始めた我々にはまったくアタリがない。1時間たっても水面が炸裂するあの入れ食い興奮状態が全然ないのだ。
 しばらくは周囲に沢山の釣り人がいたが、あまりに釣れないのでいつしか誰もいなくなってしまった。解禁日とは思えないほどの厳しさに、諦めた人たちがみんなどこかへいなくなってしまったのである。人がいないということは、すなわち魚が釣れていないということなのだ。
d0151247_21415054.jpg
 しかし、ニジマスはいなくても居つきのヤマメはいるだろう。それを釣るには放流ニジマス狙いのいい加減な釣り方では勝負にならない。仕掛けも細くして餌や流し方に工夫を加えないと釣れない。私たちはすれたヤマメ狙いの釣り方に切り替えることにしたのである。
 そして糸を繊細なものにし餌は川虫に変えるとようやくヤマメが姿を見せ始めた。このヤマメは朝方のニジマス入れ食いを目論んできた釣り人が諦めて引き上げたあと、テクニックを駆使したO君が釣り上げたきれいな尺ヤマメである。
d0151247_2143838.jpg
 これは私が釣った尺ヤマメ。下にあるタマアミ枠の直径が30㎝であるから、はみ出たサイズから見て35㎝弱くらいはあるだろう。ヒレまでピーンと伸びたとても美しい魚体に久しぶりに出会えて釣り師としてのあつい思いが高まってきた。桂川はこのようにきれいな大ヤマメが狙える関東屈指の渓流釣り場なのだ。
 このヤマメを釣った時点で私はもう完全な釣りバカに戻っていた。要介護段階のお前がそんなことをやっていいのか、と怒られそうだが、私は根っからの釣り好きなのだ。釣り場に着いて竿を持ったら我を忘れてしまう。萎えた足や痛い腰をも無視して一気にポイントまで突進してこいつを釣ってしまったのである。
d0151247_21433190.jpg
 いつもだと釣果の中に沢山のニジマスが釣れて賑わうのだが、この日釣れたのは全部ヤマメだけ。今年は西桂のポイントにニジマスはあまり放流しなかったようだ。35㎝の大ヤマメがデーンと入っているのが目につくが、実際にはこれ以上大きなものもヒットさせた。しかし、縦横に暴れるヤマメに病人の体がついていくことができず、糸を切られ続けてしまった。健康な体だったらもっともっと釣れただろう。しかし、今年は自分がどこまで動けるかのテスト釣行だから仕方がない。リベンジは来年に持ち越しだ。
 今年の桂川解禁での体調テストは何とかクリアできた。この分ならもう少しまじめにリハビリを続ければ、夏のチベットは無理としても日本国内のチョウチョ採りや、鮎釣りには行けるのではないかという良い感触を得ることはできた。
[PR]
by Weltgeist | 2015-03-16 23:51

乗り物事故にはご注意を (No.2056 15/03/11)

 やってくれました。大切な愛車・フィットを我が家の同居人がよそのお方の車に後ろからドシンとぶっつけてきたのです。このフィット、所有者は私なのですが、それは名ばかりのことで、実質的にはもう一人のお方の自家用車と化していて、私が自由に使えるときは非常に限られていました。
 そんな同居人が悪い言い方をさせていただければ「お釜を掘って」きたのです。ただ幸いなことに相手の方に怪我がなかったので、単なる物損事故だけの保険で何とかなりそうです。しかし、問題は10年以上、走行10万㎞を越えて30万円の価値でしかなくなった我が家のフィットをどうするかです。
 先日保険が切れて、次は車両保険無しで継続していたからです。30万円程度の車に高い車両保険を付けることはない。もし軽い事故なら修理するが、大々的なら諦めて廃車にしよう、そう思って車両保険を付けなかったのです。
 そこへ今回の事故。相手の車は対物保険で何とかなるとしてもフィットも前がへこんでいる。こいつは大したことないからと自腹のつもりで修理見積もりをとったら、30万円は軽くオーバーするという。アチャーっ、これはヤバイことになった。今の車ってちょっとした事故でも修理代はすごいんですね。こうなると廃車しかないとガックリしていたら、何と事故を起こした日が、前回の保険が切れる3日前という嘘みたいなタイミングだったんです。
 不幸中の幸いというか前の車両保険がまだ使えたのです。だから30万円かけて修理してもいいし、もし別な車に買い換えるなら、修理見積もり代30万円が車両保険で出るのだそうです。そうなると保険会社には悪いが頭金がいただけることになる。修理してもいいし、別な車を買い換えてもいい。ただし買い換えなら新たな車の代金を用意しなければなりません。
 本日は東日本大震災が起こって4年目の特別な日。災害はいつ何時やってくるか分からない。震災で被災した方々にはお気の毒だと思うが、私たちにも突然襲ってきた災難で、車をどうするか難しい判断に悩んでいるところです。
d0151247_21134392.jpg
乗り物に事故、故障はつきもの。人類最古の乗り物である馬は便利ではあるが、寿命と事故がある。事故とは落馬のことだ。私は一度だけホースバックライディングをやったことがある。このとき馬って意外に背が高くて、もし鞍から落ちたら間違いなく大けがをすると思った。そうなると大好きな釣りにもチョウチョ採りにも行けなくなる。だからそれ以来私は馬に乗ることを避けている。君子危うきに近寄らずなのだ。
[PR]
by Weltgeist | 2015-03-11 22:25

身の程を知ってささやかに生きる (No.2055 15/03/03)

 大金が欲しかったら人の成果を合法的にかすめ取ることである。多くの人が一生懸命働いているところから少しずつ上前をいただくのが一番効率がいい。いくら個人が頑張っても一人だけではその収入は知れているからだ。たとえば床屋さんのように個人的な技術で頑張っている人を見れば分かる。最大級のお金を得ているカリスマ美容師と言われる人でも、年収はせいぜい3千万円くらいが限界。これ以上のお金を得たいなら、カリスマ美容師を沢山抱える美容院のオーナーになるしかない。別な人の上前をはねる以外に大金を得るのは難しいのだ。
 もちろんそう言ってもよその人から強引にお金をふんだくれば、それは強盗と同じで、犯罪者として牢屋にぶち込まれてしまう。そうではなくて、沢山の人々から合法的にお金をかき集めていただくことである。幸いと言うか不幸と言うべきか、資本主義国である日本ではオブラートに包んだソフトな方法でそれをやることが許されている。鵜飼いの鵜匠のように沢山の鵜を操って彼らが獲った鮎を横取りするやり方が合法的にできるのである。
 大金が欲しいなら鵜匠のように沢山の部下を集めて彼らをせっせと働かせればいい。むしろ日本ではそれを奨励さえしている。しかし、私はそんな人の上前をはねる真似はしたくない。だから金持ちにはなれない。贅沢はできなくても日々普通の暮らしができればいい。身の丈に合わせたささやかな生活で満足しようと自らを諫めているのである。
d0151247_23255730.jpg

[PR]
by Weltgeist | 2015-03-03 23:59