2009年 12月 02日 ( 1 )

超格安海外旅行の予約 (No.574 09/12/02)

 世の中デフレだと言う。高い物は売れないので商品の値段はどんどん下がっていく。安くなるのは、買う方の立場からするとありがたい。もっとも、それはいずれ景気に跳ね返ってきて、最終的には我々消費者を苦しめるのだが、とりあえずは一息つける。
 食料品などは小生の守備範囲ではないから、値段が安くなったと言われてもあまりピンとこない。しかし、新聞に載る旅行会社の広告を見ていると時々驚くべき安いものがあり、本当にデフレなんだなと実感する。とくに海外旅行はこれから激安のシーズンになり、信じられないような低料金で旅行出来るものが出るから、広告などは目が離せなくなるだろう。
 今までの経験から、年間を通して一番安いのが1月から2月にかけての間で、この期間はサプライズ料金が時々出てくる。今年はデフレな上に急激な円高も起きたから相当お得な旅行が出るだろうと思っていたら、グアム島4日間が燃油サーチャージ代金を含めて19800円という超お安いツアーを見つけた。航空運賃とホテル代金込みでこの値段というから国内旅行をするより安い。こんな値段を設定して、一体どこで利潤をあげるのか、我々には分からないが、とりあえず確認したら、空きもあるというので(ネットで)申し込みをした。驚いたのはネットで申し込むとさらに1000円引きで、一人18800円だというから、もう一段の激安値段であった。
 国内のちょっとしたホテルに泊まるにも一泊2万円は覚悟しなければならないのに、それで全部すんでしまうのだから、これはいい申し込みが出来たと喜んでいた。ところが、その翌日、同じグアム4日間で12000円というのを見つけたのである。こちらは別途燃油サーチャージ代金を払わなければならないものだが、それでも考えられない安さである。露天のバナナのたたき売りではないが、「泥棒、持ってけ」的爆安である。
 こうなると、先に申し込んだものをキャンセルしてもいいかなと思っていたら、友人のマダム・パスカルさんが「そんなのまだ高いわよ。ニューヨーク往復9800円というのがあるわよ」と教えてくれた。新幹線を使って名古屋までも行けない代金でニューヨークが往復出来てしまうのである。
 そうなると、ニューヨークの安いホテルを見つければ、たぶん片手(5万円)以内でニューヨーク個人旅行が出来てしまう。暑いところが嫌いな小生は、グアムよりニューヨークの方がずっといい。「しまった。早まったかな」という気持ちがさらに強くなってきた。一体世の中どうなってるんだと思いたくなるほどの安売り蔓延に、頭も少し混乱気味になっているのである。
 とにかくこうした格安航空券、ツアーはネットでの販売だから、安いものは出たと同時に完売することが多い。しかし、探せばまだまだきっと出てくるはずである。噂ではニューヨーク往復2900円というものまであったらしい。ここまでくると、本当にそんなものがあるのか、にわかには信じがたいものがある。単なる客寄せの「オトリ広告」の場合もあるから、広告だけでは実体は分からない。
 以前、パリ6日間48000円という超格安パッケージツアーを見つけ、申し込み開始日の午前10時きっちりに電話したら、もう売り切れと言われたことがある。売り出して1分も経ってないのにである。恐らくこれは「オトリ広告」だったのだろう。
 それはともかく、今回のグアムはまだキャンセルはしていない。よほど安くて魅力的な場所が今後出ない限り、一応、行く態勢をとっている。この激安で、どうしてもうけを出しているのか、行った後に詳しい事後報告をする予定である。
 とりあえず、安い料金で海外旅行をしたい人は、旅行会社の決算期前の1月から3月初旬まで、とくに2月の後半がねらい目だということを覚えておくといいだろう。
d0151247_22263461.jpg

[PR]
by weltgeist | 2009-12-02 22:44