「ほっ」と。キャンペーン

ジョンが奥さんを連れて帰って来た (No.2103 16/05/20)

 以前、二度にわたって我が家にホームステイしていたイギリス人のジョン・テモテ君がふたたび日本に戻って来た。それも今回はなんと新婚ほやほやの奥さんを連れて・・・。
 2012年に最初に我が家に来た時は、飛行機を作っている工場で働いている好青年だった。そして次の2013年にもう一度来た時は、イギリスに帰ったら工場をやめて神学校で新たに勉強すると我々に言っていた。そうしたら彼は本当に工場をやめて神学校をも卒業。そして、奥さんを見つけて、日本でキリスト教のミッショナリーになりたいと言って戻って来たのである。
d0151247_21573746.jpg
 左がジョン・テモテ君。いや、もう呼ばわりするのは失礼だ。英国紳士の風格を備えた立派な青年になっていたからジョン・テモテと呼んだ方がふさわしいだろう。右が奥さんのビリタ・テモテさん。ロンドンで知り合ったらしいが、彼女はデンマークの何とかという名前(英語の名前なので聞いたけど忘れてしまった)の島育ちで、お父さんはそこで漁師をしていて、ロブスターなんかを獲っていたらしい。彼女もデンマークではサーモンの加工場で働いたあと、スペインの学校を出て、ロンドンでジョンと知り合いになり昨年結婚したらしい。
 それにしてもイギリスから、9000㎞も離れた日本でミッショナリーとして骨を埋めたいと思うには相当の決心がいるだろう。日本の若者は自分の進路を決められず、漠然と生きている人が多いが、ここまで自分の生きる道を見つけ、それに邁進していけるのは羨ましい気持ちがする。とくに若いビリタ(24歳だそうです)の方は日本に来るのも今回が初めて。そんな遠くの国に来ることに不安はなかったのか。聞いてみたら全然気にしている風でもなくケロッとしていた。しっかりと生きる道を決め、それに向かう若さは素晴らしいと思った。 
d0151247_21581039.jpg
 今はロンドンでも日本食がブームで、寿司などは大好きな二人だが、納豆だけはいただけないとジョンが言っていた。正直、私もあの臭いとねばねば感は好きではない。しかし、若くて好奇心旺盛なビリタは、スーパーで納豆が棚一杯並べて売られているのを見て大喜び。それにしても、写真の後ろにあるのは全部納豆である。ここまで多様な種類の納豆を売っているということは、日本人は本当に納豆が好きなんだ。このあと彼女がこれを食したかどうかは不明だが、彼女の笑顔を見れば日本での生活もきっとうまくいくことだろう。
[PR]
by Weltgeist | 2016-05-20 23:07


大いなる恵みの連鎖 (No.2... >>