「ほっ」と。キャンペーン

さようなら2015年 (No.2093 15/12/31)

d0151247_19512937.jpg
 もうすぐ2016年になる。2015年の干支(えと)は羊、来年は申(さる)年らしい。それで「さようなら2015年」を象徴する写真としてこの羊を選んでみた。暖かいセーターやコートでおなじみのカシミアの本場、カシミール、ゾジラ峠で我々のガイドがふざけ半分に歩いている羊を引き止めているところである。
 だが、羊は引き止められても時の流れは一瞬たりとも止めることはできない。どんなにあがいても羊年は終わり、まもなく2016年の申年に突入してしまう。こうした時間の経過は誰にも平等にやってくる。私にとっての1時間と米国大統領の1時間は同じ長さである。私の方が5分短いといった不公平はあり得ない。しかし、その1時間をどれだけの密度で過ごしたかとなると全然違ってくる。時間は量的な単位とともに質的にもとらえなければならない。
 とすれば人生一瞬たりとも無駄に過ごすことはできない。私の大好きなへそ曲がり哲学者、アルトゥール・ショーペンハウアーは「人間の幸福に対する二大敵手は苦痛と退屈だ」と言っている。苦痛のときはもちろん人は幸福とは感じない。しかし、退屈もいけない。一見すると満たされたゆとりのようにも見えるが、内から燃え上がる熱い思いがない。退屈は精神の内的空虚に根ざしているからだ。退屈で貴重な人生の時間を虚しく浪費しているのである。人生を質的に充実させることこそ幸せなのだ。

 私にとって2015年前半は化膿性脊椎炎という脊椎骨が腐ってしまう恐ろしい病気で、まともに歩くこともできず、苦痛に打ちのめされつつひたすらリハビリに専念した年だった。最初は30m歩くのがようやくのひどい状態だったが、毎日リハビリを欠かさずやったおかげで夏には北アルプス、白馬岳に登れるまで快復した。
 自分でも驚くほどの快復ぶりだ。そして、頑張ればここまで元気になれることに、人間がいかにしぶとい存在であるかを実感した。人は少々たたかれたところで挫けない。逆にそのことによって強くなるのである。しかし、元気を取り戻したころには大好きな鮎釣りもチョウチョ採りのシーズンも終わっていて、逆にやることを見失っていた。なまじ元気になったことで戦いの目標を無くし、退屈な日々を年後半は送ることになったのである。
 あらためてショーペンハウアーの言葉で2015年を思い起こせば、前半は傷めた脊椎の痛みとの戦いであり、後半は退屈との戦いで、結局一年中不幸ばかりで良いことが何もないことになる。だが、彼は苦痛も退屈も幸福への「敵手である」と言っている。敵だから戦えということである。苦痛があっても負けなければいいのだ。
 今年は苦しかったけれど、決して自らを虚しいとは思わなかった。むしろリハビリを頑張れば良くなると自分に言い聞かせ、奮い立たせていたから心は充実していた。私は決して不幸ではなく、胸を張って2015年は幸せな年だったと思っている。
 日々の努力は微々たるものでも「良くなる」と信じて努力すれば、それはきっと実現されることを身をもって実感した一年であった。
[PR]
by Weltgeist | 2015-12-31 20:40


<< 2016年の抱負 (No.20... クリスマスイブ (No.209... >>