「ほっ」と。キャンペーン

紅葉の裏磐梯観光 (No.2084 15/10/17)

 毎年紅葉見物をしているが、今年はどこへ行くか迷っていた。しかし、福島県の磐梯吾妻スカイラインをネットで見ていたら「日本の道百選にも選ばれ、春の“雪の回廊”から秋の紅葉まで、季節毎に雄大で変化に富んだ様々な景色を展開してくれる」という言葉が福島市総合観光情報ナビに載っているのをみつけた。
 磐梯吾妻スカイラインは「高湯温泉と土湯峠を結ぶ、全長約29kmの観光道路。最高標高1,622mの吾妻連峰を縫うように走る、まさに“空を走る道”。眼下には福島の街並みが広がり、作家井上靖氏が命名した「吾妻八景」に代表される景勝地が続きます」と魅力的な宣伝文句が書いてあり、それにつられて今年の紅葉は裏磐梯に決定。昨日車で行って来た。
 そして期待の紅葉はバッチリだった。標高1500mくらいある高い場所ではすでに落葉が始まり、順次冬枯れが麓の方に降りていくが、まだ途中の山は最高。この状態はあと一週間程度は続くのと思うので、今年の紅葉を見たい人は昨日の私の観光報告を参考にしていただきたい。
d0151247_1941557.jpg
 東北道二本松インターで降りて磐梯吾妻スカイラインの起点である土湯温泉を目指すとまさに紅葉の真っ盛りのシーンが目に飛び込んできた。麓の方はまだ緑で紅葉は始まっていないが、途中から全山真っ赤という素晴らしい景色が展開し、シーズンとしては最高の時のようである。遠くに吾妻山・浄土平が見えている感じも悪くない。
d0151247_19411760.jpg
 出かけたのは昨日、10月16日金曜日。スカイラインの起点である土湯までの登りでも平日だから車も少ない。こんな素晴らしい景色を独り占めできて申し訳ないようだった。
d0151247_19412926.jpg
  良さそうな場所で車を留めて下を見れば、足下まで紅葉が続いている。裏磐梯一体は針葉樹の植林された場所が少ないため、落葉樹の紅葉が360度楽しめる。どうやら福島観光課の宣伝文句は間違いなさそうだ。
d0151247_19413944.jpg
 もう少し高い場所に登って行くと季節は進んで落葉したダケカンバなどが出てくる。こんなに高い場所の紅葉を楽しみたいなら、あと二週間ほど前に来るのが良いようだ。しかし、そうなるとその下側の紅葉は始まっていない。最良のタイミング選びは微妙で難しいが、10月中旬ならどこかの高さで紅葉が見られるからハズレはないだろう。
d0151247_19414947.jpg
 ここが浄土平。磐梯吾妻スカイラインは土湯側からだとここまでしか行けない。本来は福島から登ってくる高湯までつながった観光道路だったが、現在は通行止め区間があり、高湯側からだとここまで来ることはできない。通行止めの理由は聞き漏らしたが、多分吾妻山の噴火を警戒しているのではないだろうか。なお、有料道路だが、大震災以来福島復興のために今は無料開放されている。
d0151247_1942156.jpg
 浄土平を見た後は裏磐梯の秋元湖、小野川湖、檜原湖がある裏磐梯湖沼地帯に行く。途中も素晴らしい紅葉が続くが、こちら側の方が心持ち少し早い感じを受けた。
d0151247_19421329.jpg
 小野川湖では小さな島の周りを釣り人のボートが走っていた。この湖はサクラマスが有名だが、今は何を釣っているのだろうか。紅葉はまだ始まったばかりのようだ。
d0151247_19422949.jpg
 裏磐梯観光の締めは、五色沼散策。それぞれ水の色が違う多数の沼が点在することから五色の名前がついたのだそうだ。これらの沼沼を一つずつ散策できるトレッキングルートがつくられていて、1時間強で全ルートを歩ける。我々は五色沼ビジターセンターの大きな駐車場に車を留めて、コース反対側の基点である高原駅までバスで行き、そこからビジターセンターまで林間につけられた散策路を歩いた。写真の沼は柳沼。歩き始めて二つ目の沼で、ブルーの水面に紅葉が静かに映っているところがとても神秘的だった。
d0151247_19424832.jpg
 こちらはトレッキングコースの最後にある毘沙門沼。エメラルドグリーンの水がたいへん美しい沼だった。ここまで高原駅から写真を撮りながら歩いたので1時間半かかった。すでに午後の4時を回って、太陽の光は弱い斜光となりカメラの感度を上げて撮影した。紅葉の写真を撮るなら良く晴れた日の強い太陽光の下で撮る方がきれいに撮れるが、こうした弱い光のなかで、柔らかな雰囲気に撮るのも悪くはない。
[PR]
by Weltgeist | 2015-10-17 21:24


<< 人生のはかなさ、唐木順三・無常... 良き読書家 (No.2083 ... >>