他人の後ばかり追う物まね屋さんたち (No.2052 15/02/16)

d0151247_2173449.jpg
 世に天才と言われる人は誰の手助けもなしに、すごいことをやってしまう。思いもかけないことを自分の能力だけでやり遂げて、われわれをアッと言わせるからこそ天才と言われるのである。しかし、先行する人の尻ばかり追いかける物まね屋は絶対に天才になれない。彼らは他人の成果をお手本にする以外に先頭を走ることができないのである。いつも物まねから抜け出せない亜流のセカンドランナーから一流と呼ばれる人は出ないのだ。
 誰もがやったことのない未知の世界への挑戦は何の明かりもなければ標識もない暗闇との戦いである。お手本なしに真っ暗な未来を手探りで突き進むにはものすごい能力が要求されることだろう。天才はそれを生まれながらに授かった力でやり遂げてしまう。
 天才にはわれわれがとうてい持ち合わせていない驚異的な才能がある。これは凡人がいくら努力を重ねても得ることができない。天才だけに与えられた神様からの特別なギフトである。われわれがいくら欲しいと望んでもこれだけはどうしようもないことなのである。
 それでもわれわれ凡人は天才から多くのことを学ぶことができる。まず第一にやらなければならないのは人の尻を追いかける物まね屋を止めることである。キョロキョロと他人を見つめることまではいい。しかし、盲目の追随はいただけない。他人の優れたところを学んだ後は、自分の信じる道を進む。
 人と同じ事をやっていてはいつまでたっても凡庸さから抜け出せないだろう。人が右と言ったら左にも何かあるのではないかと思う天の邪鬼さ。要するに世間の常識にとらわれない柔軟な思考力が独創的なことを産む必須の前提条件ではないかと思うのだ。もちろん、それには猛烈な努力を続けて、少しでも優れたものを目指すことが裏付けであるのは言うまでもないが・・・。
[PR]
by Weltgeist | 2015-02-16 23:57


<< エンジェルは可愛い子猫の段階を... 今日の一枚 (No.2051 ... >>