NECの携帯端末・Life Touch Note 購入で四苦八苦中 (No.1298 12/02/01)

d0151247_2213991.jpg
 ロンドンで長年愛用していたWindowsCE機 ・シグマリオンⅡが壊れて新しい文章入力機を探していることをNo.1266で書いたら、ブログを読んだ TAC さんから「NECが出しているLife Touch Noteってのがあります。ただし、すでに発売中止になっているから、中古を見つけるしかない」とコメントをいただいていた。それが先週の金曜日、秋葉原に行ったとき、「祖父地図」で超格安の中古品が売られているのをみつけた。何の傷もないきれいな外見なのに、タダ同然の激安価格、むろん深く考えることなく即購入した。
 調べたところ、Life Touch Note は昨年の春に発売されて、一年経たずに発売中止となったアンドロイドの携帯端末のようだ。一年もたずに中止ということは、よほど売れなかったか欠陥がある商品だった可能性がある。しかし、安いからダメ元で購入したのだが、予想した通りえらく使いにくかった。
 小生、アンドロイド端末を使うのは今回が初めてのため、マニュアルがないと困る。だが、激安なのでマニュアルなど欠品して付いていない。どうやったら起動 ・終了するかも分からず、あちらこちら試行錯誤を繰り返して、初期設定が完了するまで5時間ほどかかってしまった。
 Life Touch Note は基本的にはネットにオンライン状態での使用が前提のようで、慣れてきたらインターネットもメールもなんとかできるようにはなった。しかし、問題は小生が購入を決断した最大の目的である出先での文章作成能力だ。このマシーンには「ライフノート」という一種のエディターがついている。日本語変換ソフトはATOKで、大きめのキーボードで文章を打ち込むにはとてもいい。文章を書くだけなら前機、シグマリオンよりはるかにやりやすく、ここまでは良い買い物だと思ったのである。
 しかし、それで作った文章を保存するところにきてハタと行き詰まってしまった。書き上げた文章を保存するやり方が分からないのだ。パソコンでは「ファイル、保存」といったタグがあってここをクリックすれば簡単に保存でき、後日再利用するときは「ファイルを開く」のクリックで簡単にできる。ところが、Life Touch Note の画面のどこを探してもそうしたタグが出てこない。
 まるで迷路に入り込んだような気持ちになって頭を抱え込んでしまった。そこからこの未知なるマシーンとの格闘が始まったのである。しかし、こういうときの小生は意外にしぶとい。20数年前、PC98を使っていたときは、MS-DOSのコマンドが分からず何度も徹夜して解決している。あの頃のことを思い出しながら、一日中 Life Touch Note に執念深くかじりついて、脱出口を探していたのである。
 悪戦苦闘の結果、ライフノートで書いた文章を、メモリーのSDカードに書き込む「エクスポート」という方法だけは見つけた。しかし、パソコンで書きかけの文章をSDカードに保存して Life Touch Note で読み取る「インポート」という項目はどこを探してもない。つまり読み取りはできないのだ。保存はできてもそれを呼び出すことはできないという、ものすごく中途半端な「文章入力機」であることが明らかになってきたのである。ものを書いている人間にとっては、こうした保存と呼び出しは絶対不可欠なものなのに、なんでこんな変な物をNECが作ったのか、小生には全然理解できない。
 現在の小生の窮状を友人に言ったら、「アンドロイド端末ってそんなもんだよ。賢く使うにはアンドロイドマーケットで、使いやすいソフトを購入しろ」とアドバイスされた。どうやらこの端末はまだ未開発の箱みたいなもので、アンドロイドマーケットでもっと使いやすいソフトをインストールしてようやく一人前になるらしい。いやはや、こんな初歩的なことを学ぶのにもえらい苦労をしてしまった。今後、この端末を使いこなしていけるかどうか、全然自信がない状態である。
 どなたか、アンドロイドに詳しい人がいたら、保存、読み込みができるエディターソフトとスカイプの導入方法など教えてもらいたものだ。
[PR]
by Weltgeist | 2012-02-01 23:50


<< 世界最大の家具屋・イケヤ探訪 ... 夢枕貘、「秘帖・源氏物語・翁」... >>